スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!感想(ネタバレ含む)

アニメ版全25話の感想です。
ネタバレを含むので、格納します。

続きを読む »

ガンシューティングゲームをレビュー

レビューとはまたおこがましいタイトルですが、感想程度に思っていただければ。

【タイトー】
HAUNTED MUSEUM
2010年稼働開始だと思うけど、少し前の登場。
二人同時プレイ可能な、システム的にはベーシックな感じ。
「博物館の展示物が襲いかかる」という、「ナイトミュージアム」という映画を丸パクリした様などこかで見た様な設定だけども・・・。
まぁ割と面白かった、ステージ選択出来るので好きな順にプレイできるし。
唯一気になったのが、トゥルーエンドとバッドエンドがある点。
全ステージクリアすると最終ステージが出てきて、そこをクリアできるかどうかで分岐する模様。
次回挑戦することがあれば、トゥルーエンドを目指したいところ。

ELEVATOR ACTION DEATHPARADE
HAUNTED MUSEUMとほぼ同時期に出たマシン、同様に二人プレイ可能。
これは結構お気に入りで、縦長の画面とかエレベーターの扉を模したギミックとか、なかなか素敵。
これをプレイして、「タイトーやるじゃん!(超上から目線)」と思った。

GAIA ATTACK 4
多分最近稼働開始したマシン、ガンシューには珍しく四人まで同時プレイが可能。
伝わるかどうかわからないけど、「タイトー版ガンバレット」って感じかなぁ。
「初心者でもワイワイ楽しめるガンシュー」って発想は良いと思うし、ゲーム自体も面白かったのでお気に入り。
ちょっとニコマスP的な視点になってしまうけど、プレイ中の画面(=射撃フィールド)が実写画面になっていて(もちろんCGで作られたステージもある)、実写映像にマッチムーブ的な要領でCGの敵キャラを合成している。
実写映像との合成によって背景と敵キャラの質感がマッチしていないというデメリットもあるものの、かなり素敵な発想だと思う。
「エレベーターアクション~」と共に、オススメ。

ミュージックガンガン!
GAIA ATTACK 4と同時期稼働開始だと思われるマシン。
ガンシュー、なんだけど、実は音ゲーだったりする。
同時に二人までプレイ可能。
セガの「初音ミク Project DIVA Arcade」みたいな音ゲーで、ボタンを押す代わりに銃で撃つシステム。
発想は良いと思うんだけど、ゲームとしては「うーん・・・」って感じが・・・。
銃で撃つ必要性が無いし、意外に難しかったりもする。
※他の音ゲーに比べ次の譜が見づらいので、裏拍(という表現で良いのかわからないけど)が来るとかなり難しい・・・気がする

【セガ】
LET'S GO JUNGLE!
「何で今更これを・・・」と思うかもしれないけど(俺も思うけど)、とある理由により必要なんです。
公式サイトによれば2006年12月14日稼働開始らしい、ほんと今更だな・・・。
えー、それはさておき。
個室っぽい感じの筐体の中にはシートがあって、そこに座って二人まで同時にプレイ出来るマシン。
銃が固定されてる上に、「銃を特定の方向へ向ける」「二人で同時にボタンを押す」など、撃つ以外の操作もある。
二人同時プレイの場合はプレイ後に相性診断が出るので、個室っぽい作りになってる点やコミカルっぽい点も考慮するとカップル向きなのかも。(だとすれば、もうちょっとそれをアピールした方が良いかなとは思うけど)

【ナムコ】
デッドストームパイレーツ
ここ一ヶ月ぐらいで稼働開始したと思われるマシン・・・ってまぁそこはどうでも良い。
これさぁ・・・明らかにセガのLET'S GO JUNGLE!のパクリじゃね?ゲフンゲフン。
えー・・・うん、そのー・・・。
えっとですね、最初は「あー、ヴァンパイアナイトみたいにセガとナムコの共同開発なのかな!」とか思ったんですよ。
でも見た限り、そんな感じも無く・・・。(もし共同開発なら、誰かソースお願いします)
もし共同開発ではなくただのパクリなら、もうちょい頑張れよ・・・とは思いますですはい。
中身なんだけど、これ(カップル向けとして開発されているなら、)結構難しいかも。
当然敵が色々と飛ばして来るんだけど、タイムクライシスじゃないから打ち落とさなきゃいけない。
でもある程度の耐久力があるから、ガンシュー慣れしてない人には難しいと思う。
あと銃と銃の間には船の舵を模したハンドルがあるんだけど、この操作も結構シビア。
それからセガのLET'S GO JUNGLE!同様シートが動くんだけど、この揺れが激しい。
一応揺れ停止ボタンがあるんだけど、押したらつまらないし、結局揺れた状態でやらざるを得ない。
総合すると、「これ頑張って作ったの?ちゃんとテスター呼んだりロケテやったりしたの?バランス調整もうちょいなんとかなるんじゃないの?」って感じ。



とまぁ、こんな感じでいくつかレビューしてみました。
あくまでも俺の個人的な感想なので、もっと面白かったり逆につまらなかったりもあると思いますが、その辺は実際にプレイして確かめてみてください。
機種の多さや俺のレビューからもわかるかもしれないけど、「タイトー凄い」という印象は受けました。
これら4つのガンシューや、かなり斬新な「超・ちゃぶ台返し!」など、「NO考ゲーム」と呼ばれるシリーズものらしいです。
余談ではありますが、現在就活中でしかもゲーム業界の開発(プランナー)志望なんですが、俺が作りたいゲームってまさに「NO考ゲーム」なんです。
もちろんガンシュー好きなんでガンシュー作りたいんですけど、ガンシューの制作担当じゃなかったら「ゲーセン慣れしてない人でも楽しめるゲームを作りたい」って思ってます。
今回この記事を書くまでは「NO考ゲーム」のことは知らなかったんだけど、知って感動しました。
就活頑張ります、その活力をもらえました。

KAKU-tailDS

いやもうほんとびっくりしましたよ、「おいお前KAKU-tailDS出してやるよ」って当選メールが来た時は。
ってことで本編と単品です。





--------------------------------------------------

以下、制作後記の様な感想を。

【まず釈明タイム】
アイドル:やよい
テーマ:静

俺は律子派なんですが、さすがにカクテルで律子引けると思ってるほど馬鹿ではないので。
俺には「使いやすいアイドル」と「使いにくいアイドル」がいます、言葉は悪いですが。
やよいはどちらかと言えば前者なので、その点は恵まれていたと思います。

ただ、テーマがきつかった。
手品って盛り上げてナンボな訳ですよ、だから「楽」「騒」「愉快」とかだったら楽だったはず。
でも、「静」というテーマでした。
手品なのに静かってどういう状況なんだろう、凄く迷った。

でもここで、「やよい」を引いたことが功を奏した、と思います。
「やよいって元気いっぱいな女の子じゃん、やよいが静かだったらどうだろう?」
やよいが静か→元気がない→何か困っている→手品で助けてあげよう!って感じですね。
そこからは割とスムーズでした、手品何やろっかなーってところも迷ったりはしましたが。

【テーマの消化方法×3】
①元気の無い静かなやよい→これは前述の通り
②Sound of Silence→capsuleの曲をBGMにしました
③手品パートの説明→今回は台詞や手品の説明、アイドルのリアクションを全てカットし、「静か」に演じました

【結局、手品何やってたの?】
前述の③のせいでわからなくなってますね、猛省。
前半は「ただの紙を一万円札に変える」、後半は「白いカードをやよいのカードに変え、また白いカードにする」という手品です。
前者は「お腹がすいたやよいの為に、何か食べ物を買ってあげるため」、後者は「やよいが元気なら、その元気をみんなにわけてあげられることを例えている」ということなんですが、わかる訳無いよね、俺もそう思う。

【最後に】
参加者・スタッフ・運営の皆様お疲れ様でした!
そして推薦人の皆様、今回私は私の役割を果たしたつもりです。
いかがだったでしょうか、推薦人の皆様の期待を裏切ってはいないでしょうか?
もちろん、それを確認する術はありませんが・・・。

何よりも、今回の作品をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました!
次回のカクテルでは、PV作っちゃうかもよ!?          無いか。

ブロガー名刺レビュー

先日発注した名刺が届いたので、開封して中身をチェック&レビューしようと思います。
発注前の話はこちら。

激安のブロガー名刺とは!?

【輸送方法】
封筒に入った状態で、佐川急便にて到着。
佐川がどうのこうのはおいておくとして、名刺が入っているのはただの封筒でした。
まぁ中身が折れたりすることは無いとは思うけど、エアクッション付きの封筒でも良いかなとは思います。

【名刺の入れ物】
他の業者がそうであるように、ここも紙の箱に入っていました。
箱の真ん中が空いているので、中身と残量がすぐ確認出来て地味に便利そう。
今回は500枚発注して6箱入っていたので、1箱100枚弱?

【開封】
100枚弱入った箱を開けると、当然裁断面が見えます。
大きな用紙に同じデザインをいくつも刷ってそれを裁断するというのを何工程も繰り返す訳だから、同じ一箱の中でも5裁断分ぐらいの名刺が入っているんですね。
1裁断分毎に紙の反りが違ったりするのだけど、反りはどうでも良いとして、裁断面が綺麗なものとそうでないものとがあるのです。

※綺麗でない裁断面というのは、裁断時のわずかな紙の残りや毛羽立ちがあるものを指す

手で払えば問題無いんだけども、箱詰めの段階で処理してあった方が、より良く見えるしこちらもありがたいなーと思いました。

【紙質】
良い・・・と思います。
というのも、今までは家庭用のプリンタで専用の紙に刷っていただけなので、それと比較すれば、ということ。
比較無しにこれ一枚だけ手にとっても、決して貧相な紙ではありません。
ただし、もっと値の張る業者で最高品質の紙を使った場合、それには劣るかもしれませんが。

【印刷のノリ】
今回は両面白黒で発注したけども、やっぱり良いですね。
家庭用のインクジェットプリンタでは、どう頑張ってもここまで綺麗には印刷できなくて。
この辺りが業者に発注するメリットと言えると思います。

【良いデザイン・悪いデザイン】
今回発注した前川企画印刷さんは、名刺のデザインにテンプレート・データ入稿以外に、デザイナーによるオリジナルデザインがあります。
しかもデザイナーさんは回数制限無く利用出来るとのことなので、テンプレートは嫌だけど自分ではデータを作れない・・・という方は相談してみてはどうでしょう。

・・・という前置きはここまでにして。
今回は、自作のデータを入稿させていただきました。
片面は用紙内に収まるデザイン、もう片面は用紙からはみ出すデザインにしてみました。
はみ出しても裁断してしまえば問題ないし、その方が格好いいと思ったからです。
が、それが間違いでした。
黒いインクがのっている部分を裁断したせいで、名刺の側面(=裁断面)が黒くなってしまって・・・。
実はそれはまだ良い方で、反対の面に黒い色が出てしまっているものもありました。

名刺写真

※左が問題のデザイン、右が反対の面に黒い色が出てしまっている例

誤解無き様補足しておきますが、これはこちらのミスであって、先方の責任ではありません。
このデザインを作ったのは自分自身であり、先方からは「このデザインで良いですか?」と、裁断後をイメージした画像も添付された状態で確認をいただいていました。
いくら発注慣れしていないとはいえ、家庭用のプリンタで印刷するのと同じように考えてしまったのが悪いのです。

けれども、あえて一つだけお願いするとすれば、今後こうしたミスが他の方に起きない様に、「こうなる可能性がありますよ」と一声かけていただければな、と思います。
必要なら、今回の名刺を例にとっていただいても結構ですので。(ただし連絡先とか名前は隠してねw)

【価格】
http://www.kobe-maekawa.co.jp/products/bloger_order.html

当然だけど、安いよここw
まぁテンプレートもデータ入稿もデザイナーによるオリジナルデザインも全部同じ価格ではあるので、人によってはもう少し安いところがあるかもしれないけど。
今回はデータ入稿だったので、データ入稿・両面白黒・500枚という条件で他社の値段をチェックしてみると、5,440円とか11,430円とか3,255円とか4,200円とか9,800円とか。(キリが無いのでもうやめるけど)
ちなみにこの他社の金額、わざと高いところを選んでる訳ではありません。
とあるワードでググって、検索上位から数件確認しての値段です。

【総評】
とまぁ長々と、途中偉そうなことも言ったりしましたが、満足しています。
以前の記事にも書きましたが、このブロガー名刺で刷った名刺を知人からもらっていて、その質をチェックした上で依頼したので、満足しているのも当然ですねw
あと安い、とにかく安い。
ニコマスPは社会人が多いけども、同時に大学生も多い。
学生には、この値段は本当に魅力的です。(というか一生の内に会えるニコマスPは多分500人もいないので、今回の2200円で一生分刷れたw)
あ、金額とか気にしないよ!って人は、失礼ながら他社でも良いかも。
オプションで紙の質とか加工とか、色々変えてくれるからね、めちゃくちゃ高くなるけど。
ある程度の品質は欲しい、でもあんまり予算はない・・・という方にはオススメします。

激安のブロガー名刺とは!?

前川企画印刷さんのブロガー名刺というサービスがあります。
これはブロガー名刺の記事を自分のブログでトラックバックすると、知名度アップへの貢献として名刺をとても安く作ってくれます。
料金表
このサービスの凄いところは、トラックバック一つでかなり安くなるだけでなく、デザイナーさんが回数に限度無く名刺デザインを作ってくれることです。(もちろん、テンプレートもありますしデータ入稿も出来ます)
オフ会にてもらった名刺の中にこのブロガー名刺で作ったものがあり、今手元に実物があります。
家庭用のプリンターで作る様な印刷・紙の悪さは決して無く、とてもこの値段で作られたものとは思えない出来です。

と、褒めちぎってばかりいると怪しいので。

これから実際に発注させてもらいます。
値段の安さ・サービスの良さ故に多少納品に時間がかかることもあるようですが、全く問題ないですね。
納品されたらまたブログにてレビューしようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。